読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌ブログ [Japanese Waka]

国文系大学院生がひたすら和歌への愛を語る記録

冬の和歌 冬の夜に迷う ― 空や海月や氷とさよちどり雲より波にこゑ迷ふなり

空や海月や氷とさよちどり雲より波にこゑ迷ふなり
   (千五百番歌合・冬二・藤原忠良・1919)

 

現代語訳

あの空と見えるものは海なのだろうか。(あの空に浮かぶ)月と見えるものは(海に浮かぶ氷)なのだろうかと、夜の千鳥が雲から波に、(あわれな)声をさまよわせているようだ。

 

内容解説

千鳥は冬の鳥。群れて仲間を呼びあう鳥です。その千鳥が、どうしたのでしょうか、凍てつく冬の寒空の下、風にさらされ雪にさらされ波の上をさまよっている。さまよううちに、広がる闇は空なのだろうか海なのだろうか、闇に光るあの月は海に浮かぶ氷なのではないだろうか。わたしは雲にいるのか波にいるのか、吹きすさぶ風に降りしきる雪に、空と海との区別もつかなくなって飛ぶうちに、冬の夜に迷い続けた千鳥はついにみずからの座標軸まで失ってしまったのです。

 

「声迷ふ」とあるからには千鳥の姿を目で追っているわけではなくて、千鳥の声だけが迷うように夜のかなたから響いてくるのを聞いている人がいる。千鳥の声は友を呼ぶ声。その声が迷っているということは仲間から返事が来ないのでしょう。本来群れで鳴く鳥とされているからこそ、ただ一羽鳴いている「友なし千鳥」はいっそう冬の夜のあわれを誘う。この千鳥も「友なし千鳥」ですが、それを聞いているこの人こそがたったひとりで冷たい夜をすごしている。

 

空か海か上か下かもわからないほどはてしなく広い暗闇の夜に自分だけが取り残されて、月か氷かしらじらとした光がさして、何も見えない、誰もいないとすました耳に、夜半の千鳥のさまよう声が寒々とひびく。ああ、あの千鳥もまた孤独なのかと。

 

冬の和歌

平安時代のあったかアイテム ― うれしくも友となりつつうづみ火の明け行く空になほ残りける

冬の朝はおふとんから出ないぞ! ― 冬さむみ霜さゆる夜も明けぬれどあさぶすまこそぬがれざりけれ

あなたでなくて、誰のことを想いましょうか ― 君ならでたれをか訪はむ雪のうちに思ひいづべき人しなければ 

続きを読む

恋の和歌 好きだけど、その人についてまだなにも知らない ― まだしらぬ人をはじめて恋ふるかな思ふ心よ道しるべせよ

まだしらぬ人をはじめて恋ふるかな思ふ心よ道しるべせよ
       (堀河百首・初恋・肥後・1134)

 

現代語訳

まだ(その人について)何も知らない人のことを初めて好きになりました。(あなたを)思う(わたしの)心よ、(わたしの思いをあなたに伝える)道しるべになってください。

 

内容解説

その人について、まだ何もしらない。どんな人なのか、どうしたら会えるのか、わからない。好きだけれど、手がかりがない。手がかりがないけれど、あなたに伝えたくて、会いたくて、あなたが好きだというこの思いだけがあなたとわたしをつないでいる、という、もどかしい時期にもまだなっていない時のもどかしさ。

 

古典だと、あの末摘花事件のように顔も知らない相手と恋を始めるということが珍しくないけれど、人を好きになったらその人のことをもっと知りたいと思うのはいつの時代でも同じなんでしょうか。その人についてよく知っていて、ながいつきあいの上でこの人がいいと決める恋もあるし、その人についてあまり知らないのにどうしてだか好きになってしまう恋もあるし、でもやっぱり、好きな人にはもっと会いたいし、もっと話したいし、もっと知りたい。だから、あなたが好きというこの気持ちが、わたしをあなたのところに導いてくれますように。そんな、恋の初めのころの切ない祈りです。

 

恋の和歌

わたしに逢えないなら死ぬ、ですって? ― いたづらにたびたび死ぬといふめれば逢ふには何を替へんとすらん

一瞬の、君 ― 朝影にあが身はなりぬ玉かぎるほのかに見えて去にし子ゆゑに

ああよくあることだよねー笑 っていわれる温度差 ― 言へば世のつねのこととや人は見む我はたぐひもあらじと思ふを

 

続きを読む

恋の和歌 心、恋、ばらばらに ― きみ恋ふる心は千々にくだくれどひとつもうせぬものにぞありける

きみ恋ふる心は千々にくだくれどひとつもうせぬものにぞありける
    (後拾遺集・恋四・題不知・和泉式部・801)

 

現代語訳

あなたを恋しいと思う(のに、それがかなわないつらさに私の)心は砕けてばらばらになってしまったけれど、(だからといって、その心のかけらは)ひとつも失せることなく私を苦しめ続けるのです。

 

内容解説

あまりに好きで、好きで心が壊れそうで、壊れて散ってなくなってしまったら忘れられるかと思ったのに、ただのひとつもなくなってくれずにわたしを苦しめ続ける。

 

もう心はとうに壊れているのです。壊れてしまって、そのばらばらになった心のかけらをじっと見つめて、痛みも感じていないのかもしれません。上の句の「心は千々にくだくれど」の部分はばらばらになった心の亀裂を詠んでいるのに、下の句の「ひとつもうせぬものにぞありける」という部分にはその心を外から観察しているかのような冷静さがある。きのう今日に始まった恋ではないでしょう。泣いて嘆いて恨んで苦しんで思いの限りを尽くしてそれでもどうにもならなくて壊れてしまった自分の心をふしぎな静かさで詠んでいる。

 

これ以上なにをしてもあの人が振り向いてくれないことはわかっているし、これ以上なにをしてもあの人を思いきることができないこともわかっている。わかっていて、でもどうしようもない思いを抱えて、それでも、あなたが好きです。

 

恋の和歌 

同じように愛している? ― はかなくておなじ心になりにしを思ふがごとは思ふらんやぞ

夢ならば、逢わなければよかった ― 夢よ夢恋しき人にあひ見すなさめてののちにわびしかりけり

雨のしずくが落ちるように、あなたを思い続けています ― 雨やまぬ軒の玉水かずしらず恋しき事のまさるころかな

続きを読む