和歌ブログ [Japanese Waka]

国文系大学院生がひたすら和歌への愛を語る記録

夏の和歌 魂はどこへ ― うつせみの殻は木ごとにとどむれどたまのゆくへを見ぬぞかなしき

  からはぎ
空蝉の殻は木ごとにとどむれどたまのゆくへを見ぬぞかなしき
  (古今集・物名・読み人しらず・448・10世紀)

 

現代語訳

蝉のなきがらはその命を終えた木ごとに留まっているけれど、その魂のゆくえを見ることがないのは悲しいことだ。(あれほど力強く鳴いていた蝉たちの、その魂はいまどこにいるのだろう)。

 

内容解説

夏はむやみにせつないものです。特に夏の夕暮れの、また夏の終わりのころは何とも言えずさびしいものです。豊穣の夏が終わりゆっくりと季節が秋に向かってゆくなかで、あのうるさかった蝉が静かななきがらになっているのはもう何とも言えずかなしいものです。もう、秋と言うべきなのでしょうか。

 

蝉が脱皮した抜け殻と、蝉本体と、両方を空蝉といいますが、ここでは魂が抜けたといっていますから成虫の死骸です。物言わぬ蝉が命を終えたそのところどころの木にとどまって、うつろな目にさいごの夏空を映している。そのひとつひとつのなきがらの、たましいはどこにいったのだろう。なきがらという言葉のとおり、あれはたしかに「殻」にすぎなくて、生きていたそれ、人でもペットでも路傍の虫でも、生きていたそれそのものはもうそこにはいないという気がします。そう、たましいは、どこへいってしまったのでしょう。

 

ところでこの歌、詞書に「からはぎ」とあって、「からは木ごとに」の中に「からはぎ」という言葉を隠しています。このように歌の中にその歌の趣旨とは関係のない言葉を詠み込むことを「物名(もののな)」といいます。『日本国語大辞典』によると「からはぎ」とは「唐萩」という植物の種類か名前のことではないかと思われるがよくわからないとのこと。

 

夏の和歌

木の葉に雨がたたきつけられてセミの声が静かになる ― 蝉のこゑは風にみだれて吹きかへす楢の広葉に雨かかるなり

あの山のむこうも、もうきっと日が暮れている ― ひぐらしの鳴く山かげは暮れぬらむ夕日かかれる峰のしら雲

炎天下に風が止まるとどうしようもないよね ― 水無月の草もゆるがぬ日盛りに暑さぞしげる蝉のもろ声

 

続きを読む

海の和歌 おみやげに貝殻を ― 家づとに貝を拾ふと沖へよりよせくる浪に衣手ぬれぬ

家づとに貝を拾ふと沖へよりよせくる浪に衣手ぬれぬ
    (風雅集・雑歌中・題しらず・読人しらず・一七一五)

現代語訳

おみやげに(と思って波打ち際の)貝を拾うとはるか遠くの海の沖から寄せてきた波に(わたしの)たもとが濡れました。

 

内容解説

春のゆくへも知らぬまに、と思っていたら夏まで過ぎてしまって、もうすぐ白露、朝夕の寒さに露の降りる季節になるのだそうです。

 

さて、夏休みも終盤、学校によってはもう新学期です。海へ行った方、山へ行った方、ごろごろごろごろ過ごした方、それぞれの夏休みだったでしょうか。新学期始まったら、おみやげ合戦になるのかな? 中高だと、勉強に関係のないものを持ってきてはいけないルールにひっかかったりするのでしょうか。大学だと初回のゼミがおやつまみれになるのでは。

 

夏の思い出というわけではないでしょうが、浜辺で貝殻を拾っている人の歌です。現代語訳するとあっさりした内容ですね。「家づと」でおみやげという意味です。奈良時代以降、福原遷都は別ですけれど、都は内陸にありますから、海はそれだけで旅情をかきたてられる場所なのです。浜辺に身をかがめて珍しい貝殻をひとつひとつ、家族の顔を思い浮かべながら拾い集める指のたもとに波が寄せてさらりとぬれる。見わたすと海は遠くはるか遠くどこまでも広がっていて、ずいぶん遠くに来たと思ったのに、海はまだずっと遠くまで続いていて。

 

ただ渡すだけではなくて、きっと貝を拾った海のようすを家族に伝えたかったのでしょう。生まれてこのかた海を見たことのない家族かもしれません。こんなところに行ってきたよ。ずっとずっと遠くの沖が波打ち際につながっていたよ。『万葉集』に「妹がため貝をひろふとちぬの海に濡れにし袖はほせどかわかず(1149)」という歌がありました。「君がため春の野にいでて若菜つむ我が衣手に雪は降りつつ」とも似たような詠み方です。あなたに喜んでほしくて、この貝を拾ってきたんだよ、と。

 

海の和歌

 

夕べの波間に舟がゆれる ― 夕潮のさすにまかせてみなと江のあしまにうかぶあまのすて舟

はるかな夏の海 ― 潮満てば野島が崎のさゆり葉に浪こす風の吹かぬ日ぞなき 

冬の夜に迷う ― 空や海月や氷とさよちどり雲より波にこゑ迷ふなり

 

 

続きを読む

恋の和歌 心、恋、たったひとつ ― ふたつなき心は君におきつるをまたほどもなく恋しきやなぞ

  本院の東の対の君にまかりかよひて、あしたに 
ふたつなき心は君におきつるをまたほどもなく恋しきやなぞ
    (拾遺集・恋二・大納言源きよかげ・721)

 

現代語訳

ふたつとない(私の)心は(あなたを愛するあまりに)あなたのもとに置いてきましたのに、(離れたら)またすぐにあなたへの思いにとらわれるのはなぜでしょうか。

 

内容解説

みをつくしても逢はんとぞ思ふ、と思っていた相手に逢えたのです。逢えて、あまりにうれしくて、その人のもとにわたしの心のすべてを奪われて置いてきたと思ったのに、またほどもなく、あなたを恋しいと思うのはどうしてだろう。まだわたしに心が残っているからだろうか。すべて、かけらも残さずにすべて、あなたに置いてきたと思ったのに。

 

発想がですね、すごいなあと。気の狂うような恋をして、心のすべてを捧げ尽くしてからっぽになったはずの身のうちになお湧きあがる想いをもうどうしようもない。逢えるまでのながいあいだ、きっといろいろなことを思ったのです。その人のこと、自分のこと、その人と自分のこれからのこと、恋をするということ。心のうちにあふれんばかりの想いがその人と逢ったとたんに、もうあふれるどころではない。あふれ尽くしたと思った心が、またほどもなく、あなたに満たされてゆく。

 

「ふたつなき心」です。あなただけを想っている。ただあなただけを、まっすぐに。

 

続きを読む